お役立ち情報(ドッグフード)

犬に危険な穀類・穀物

  • LINEで送る

犬に穀物は良いの?


ドッグフードに含まれる危険な原材料
について、前回は”ミール”のご説明をしましたが、今回はもう1つの要注意な原材料である”穀類・穀物”についてお話していきたいと思います。

前回の記事 ドッグフードに含まれる危険なミール

犬に穀物・穀類は危険?

穀類を代表する小麦

それでは、なぜ穀類・穀物がワンちゃんにとって危険なのでしょうか。人間も食べられるし、体に良いんじゃないの?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は犬と人間の体内構造は全然違うので、必要な栄養素も異なっているのです。

穀類・穀物は犬に必要ない

愛情ゆえに人と同じものを与えてしまっていませんか?

結論から言いますと、肉食動物に近い犬にとって、穀類や穀物はほとんど必要のない食材になります。正確に言うと、穀類や穀物の主成分である炭水化物が犬にはほとんど必要ありません。

犬は炭水化物の消化が得意ではなく、体のエネルギーとして活用していけないのです。
炭水化物の消化は時間がかかり、肉食動物の腸の短さでは人と違い、消化が十分にできません。

なので、ドッグフードに穀類・穀物がメインに使われているというのは大問題になります。
消化不良も起こしてしまう可能性がありますし、最近では穀物・穀類アレルギーのワンちゃんも増えておりますので要注意です。

穀物・穀類の種類

では穀類・穀物といっても具体的にどのような食材に気をつけていけばいいのでしょうか。

穀物・穀類と言っても、いろんな区分がされていることがありますので、ここでは先ほどもご説明した通り、”犬が消化の得意ではない炭水化物を主成分とする食材”とさせて頂きます。

具体的には
・小麦
・とうもろこし
・米
・大豆(マメ類)
・じゃがいも(イモ類)
などの食材になります。

このような食材が主原料として含まれているドッグフードには注意しましょう。
また、手作りご飯をされている方も、このような食材を多く使っていないか是非ご確認ください。

私のお客様の中で「穀類・穀物って書いてないから大丈夫」とおっしゃっていた方なのですが、確認してみると、原材料に「大豆タンパク」と記載がありメインの原材料として使われていたということもありますので、よくご確認いただければと思います。

ドッグフードの原材料としての穀類・穀物

ドッグフードに入ってる穀類・穀物って?

最後に、ドッグフードの原材料に含まれている穀類・穀物についてもう少し詳しくお話したいと
思います。

皆さんが今、愛犬に与えられているドッグフードの裏面をご確認ください。

もし、穀類、穀物を使用しているドッグフードであれば、原材料表示、つまり使われている食材が記載されているところには上で記載したような穀類、穀物、小麦、とうもろこし、大豆・・のような記載がされていることでしょう。

それだけでも十分に注意なのですが、さらに詳しくお話しをすると、ドッグフードの原材料表示に記載されている穀類、穀物、小麦、とうもろこし、大豆、じゃがいも などは人間の食品用では使えないもの、つまり人の食品の搾りかすや廃棄物などが使われている可能性があるということです。

法律的に問題のない表記であれば、”鶏”と表示して劣化した肉や鶏のとさか、糞尿、毛などを入れてもペットフードでは問題ありません。同じように、穀類や穀物と表示して、人間用の穀類や穀物の搾りかすや廃棄物を入れてもペットフードでは何ら問題ありません。

激安のドッグフードのワケ

何が使われているか明確に表示されていますか?

以上のように、一見普通の原材料が使われていても実は廃棄物や搾りかすをペットフードに使っているということはよくある話です。
ですから見分ける方法として、他のドッグフードと比べて値段が安くないか?などは判断材料の1つとなると思います。

現在プレミアムドッグフードと言われ、今までのドッグフードの2,3倍の値段がする
くらいの
ものが人の食品を扱っていた私の目線から見ると、ようやく少し安全なものが出てきたか・・というところではあります。

以上、2回の記事に渡り、犬にとっての
・ミール
・穀類・穀物
の危険性についてお話してきました。

皆さん是非一度ご家庭で与えられているフードをご確認頂ければと思います。

前回の関連記事 ドッグフードに含まれる危険な”ミール”とは?

このブログの関連YouTube動画

ドッグフードの危険な原材料とは?


動画を見る