お役立ち情報(ドッグフード)

週刊新潮がミール、副産物、穀物を含む危険なドッグフードを取り上げました!

  • LINEで送る

週刊新潮が3週連続でペットフードの危険性について取り上げました!
今回の8月30日秋初月増大号のテーマは「ミール・副産物・穀類を含む危険なペットフード」です!

食べてはいけないペットフード(週刊新潮)

第1弾、2弾は添加物のお話でしたが、第3弾はなんと大量に使われている「原材料」である。少量で絶大な効果をもたらす添加物も危険だが、主原料も同様に危険です。
主に原材料表示の1番前にきているのが1番割合の多い原材料になるが、これから紹介する原材料が1番前にきている商品は多いのではないでしょうか。

ミール・副産物

家畜から人の食用部分を除いたものが主にミール・副産物と言われます。
食用ではない上に家畜に投与された薬品が大量に蓄積している可能性もあります。
以下のような類似した表現の原材料表示にも要注意です。
・~パウダー
・~粉
・家禽類
・~エキス
・~等
これらの表現もミール・副産物と同じようなものが使用されている可能性を疑った方が良いでしょう。

穀類・穀物

基本的に肉食動物とほぼ変わらない体内構造をしている犬(猫は完全肉食)は穀類・穀物(炭水化物・植物性たんぱく質)を消化するのが得意ではありません。ペットフードに使われる粗悪な穀類ならなおさらです。
・とうもろこし
・小麦
・大豆
・植物性たんぱく
上記のような表現が要注意ですが、表現方法は多岐に渡るので、ここではご紹介しきれませんので、簡単に言うと”肉・魚”が1番前にきてなかったらあまりよくないと思ってください。

ドッグフードの危険な原材料

ドッグフードだいちのブログでも今回の記事と似た内容を過去に書いておりますので、ご紹介させて頂きます。
ドッグフードに含まれる危険な”ミール”とは?
犬に危険な穀類・穀物

YouTubeドッグフードセミナーでも講義しておりますので、詳しくは下記まで。

ドッグフードの危険な原材料とは?

代表の小林によるドッグフードセミナー! 今回のテーマは「ドッグフードの危険な原材料」です!

動画を見る