お役立ち情報(ドッグフード)

高級ドッグフードは良い?値段は高ければ良い?

  • LINEで送る

ドッグフードは基本的に価格の高い方が良いって知ってますか?
「高ければ良いという訳ではない」というアドバイスをする方が多いですよね。

今回は100種類以上のドッグフードを見てきて、犬の管理栄養士であり、人の食品免許も持つ私、小林宏幸がドッグフードが高い方が良いという理由をお伝えします!

ドッグフードの値段が高い方が良い理由

ドッグフードは値段が高いものの方が良い理由は「市販のドッグフードの価格自体がおかしいくらいに安すぎる」からです。

多くの人がドッグフードは1kg1000円前後くらいのものを選んでいると思います。
肉食動物に近い犬に1番必要な食材は「お肉やお魚」になりますが、スーパーなどで皆さんがご飯のおかずを買う時にお肉はいくらしますか?
安い肉でも100gあたり50円くらいは少なくともしますよね。
1kgで500円です。
例えばこのお肉の水分を抜いて、カリカリにして袋に詰めただけでも1kgあたり1500円くらいになってしまいます。
普通のドッグフードは他の原材料を混ぜ合わせる人件費やメーカーの利益も含めなければ商品にできません。
いかに1kg2000円未満のドッグフードが粗悪な原材料を使っている可能性が高いかわかりますね。


ドッグフードに穀物が必要と言う理由

穀物は犬にとって大量には必要ありません。
ですが、穀物が含まれているドッグフードは本当に多いですよね。
その理由は穀物は犬に必要なのではなく、ドッグフードを作る側にとって必要だからです。

なぜドッグフードには穀物が必要なの?

「ドッグフードを作っている側」に穀物が必要な理由は
①穀物は安いから使うと利益を多く出せる!
②穀物がないとカリカリのドッグフードにしにくい!
という2つの理由になります。

1つ目は当然米やとうもろこし、小麦などの穀物というのは肉や魚よりも安いので、良いドッグフードは肉や魚を多く使いますが、粗悪なドッグフードは穀物が大量に入っています。この穀物を使うことがドッグフードで利益を出す肝になってしまっているのです。
穀物に含まれるメインの栄養素は「炭水化物」ですが、炭水化物は犬に大量には必要ありません。多くのドッグフードには炭水化物の表示がありませんよね?
実際に計算してみると全体の半分近く炭水化物が入っているドッグフードが多いんです。
原材料の1番上に肉や魚がきているドッグフードも全体の50%が炭水化物だったりするんです。
商品のPRを鵜呑みにするのは非常に危険なので気をつけましょう。

2つ目は穀物を使わないとカリカリドッグフードを作れないという点です。
水の中に小麦粉を入れていくと当たり前ですがどんどんかたまっていきますよね?
逆に水の中に肉や魚を入れてもかたまりませんよね?
この原理でカリカリドッグフードを作っているので、穀物を完全に抜いたドッグフードを作るのは難しいのです。
穀物を完全に抜いたグレインフリードッグフードを作る場合は肉や魚を粉末状にしたものを入れたりして固める必要がありますが、多くの場合この粉末はミールや肉骨粉と呼ばれる危険な粉末なので、あまりおすすめできません。

安全なドッグフードの価格は1kg2000円以上

さて、1kg2000円未満のドッグフードにはいかに危険な原材料が含まれているかがわかったかと思います。
①穀物
②ミールや肉骨粉などの有害物質
この2つのどちらかを多く入れなければ1kg1000円台のドッグフードなどは作れません。
たしかに厳密に言えば全てを価格で見分けることはできませんが、1kg2000円以上でないと安心安全な原材料を使っていない可能性が非常に高いということは覚えておきましょうね。
ドッグフードの相場がおかしい!という現実を知りましょう!

ドッグフードの危険な原材料とは?

ドッグフードの危険な原材料の解説です。


動画を見る