小林宏幸の個人ブログ

1番おすすめできるドッグフードを作りたい|北海道産ドッグフードだいち開発秘話

  • LINEで送る

初めまして、ドッグフードだいち開発者の
小林宏幸です。

今日は「北海道産ドッグフードだいち」に
対する私の想いを書きたいと思います!

なぜ犬がドッグフードを食べないのか

今から2年前、食品会社を退職した私は
犬を飼っている友人宅に遊びに行きました。

小林とラブラドールのじんくん

わんちゃんが大好きだった私が
一緒に遊んでいると、ご飯の時間になり、
友人が市販のドッグフードを棚から出し、
わんちゃんに出しました。

私も犬はそれを食べていれば長生きすると
思っていたのでそれを見つめていたのですが、
その犬は全然食べようとしなかったんです。

ドッグフードに使われる原材料

友人が
「最近全然ご飯食べてくれないの」
と私に言ってきたので、ドッグフードって
どんなものが入っているのだろう?と思い、
そのとき人生で初めて市販のドッグフードの
原材料表示を見ました。

ペットフードの原材料表示

衝撃でした・・。
今まで犬はこれしか食べてはいけないと
思っていたドッグフードには
人間が食べられない廃棄物や有害な添加物
が大量に使われていたのです。

チキンミール・・・
主に鶏の人が食べられない部分
(とさか、内臓、毛など)
有害な添加物・・・
犬に禁止の添加物は10種類程度しかなく、
人に使ってはいけない添加物も使用可能です。

市販のドッグフードの有害性

友人の愛犬がドッグフードを食べなかったのも
無理はありません。
そんなドッグフードを食べていたら
いつか体調を崩してしまいます。
私は他のドッグフードのことも気になり、
ペットショップやスーパー、インターネットで
いろんなドッグフードを調べてみました。

そうすると他のドッグフードにも
人が食べられない廃棄物や有害な添加物が
大量に使われていたのです。
そしてそのようなドッグフードに比べると
高い価格のドッグフードには
”人も食べられる原材料を使ってます”
ということが書かれておりました。
そんなの当たり前じゃないの・・?
と衝撃を受けたことを今でも
鮮明に覚えています。

週刊新潮の記事

犬を飼ったことない人がドッグフード?

多くのドッグフードに危険なものが
大量に含まれていることを知り、
「獣医さんや犬の専門家だから
良いドッグフードを作れるわけではない!」
「安心安全の知識を持った、
人の食品免許がある人こそが
本当に良いドッグフードを作るべき!

と私は思いました。

小林とドッグカフェdaijoubu看板犬のイチロー

私は子供のころ、両親に
「ペットは命だから簡単に飼ってはいけないよ」
と教わったので、元々犬猫は大好きでしたが、
実際に飼った経験はありませんでした。
しかし、
犬に詳しいから良いドッグフードを
作れるわけではありません。

人がおいしく食べられるレベルで食品を
作ってきた自分の知識・経験・免許を
活かし、全国で困っている愛犬に最高の
ドッグフードを作って
届けたいと
私は思いました。

北海道産ドッグフードだいちの開発へ

それから勉強・開発の日々は始まりました。
安心安全なドッグフードは作れてもそれを
犬に合ったものにしなければいけません。
ネットや本はあてになりませんでした。
そんな中で私以外にも市販のドッグフードに
疑問を持ち、自らフードを販売していたり
セミナー活動をしている方々とたくさん
知り合いました。
そういう方々からたくさん勉強させてもらい、
それを人の食品知識と結びつけ、
良いドッグフードにするにはどうしたら
いいのかを考え続ける日々でした。

小林のドッグフードセミナーの様子

ドッグフードの開発を始めて半年、ようやく
栄養バランスや原材料が決まりました。
私はドッグフードのように乾燥させて
カリカリにしたり、缶詰のように熱処理を
してしまっては栄養がどんどん破壊されて
しまうと思い、犬にとって祖先からずっと
食べてきた
消化に良い生肉を北海道産の新鮮な
原材料を使ってそのまま食べてほしいと考え、
このドッグフードを完全に生の状態で販売したいと考えたのです。

生ドッグフード

北海道への想い

しかし、生肉が犬の身体に良いからと言っても
新鮮な生肉でなければ栄養が落ちるので、
意味がありません。
肉の中でも犬の消化吸収に良い”鶏肉”を新鮮な
状態でわんちゃんに食べてほしい!と考え、
私の育った北海道の大自然から生まれた最高の
原材料を使いたいと思い、そこから生産者との
出会いが始まります。

無添加無農薬のえごまを北海道で生産する尾田さんご夫妻

生産者との出会い~北海道産ドッグフードだいち~

当初、生産者との交渉は困難を極めました。
「うちのものを犬の餌なんかに使うな!」
そう言われることも少なくありませんでした。
しかし、人の安心安全な食材を犬にも
食べてほしいという想いを伝えると
笑顔で承諾してくれる生産者の方々が
いらっしゃいました。
本当に涙が出るほど嬉しかったのを
覚えております。

原木椎茸を作る北上さん

北海道産ドッグフードだいちが完成

こうして私の食品に関する知識と
・原材料に使用する生産者の方々
・ドッグフードの専門家の方々
・その他関わった方々
の力が合わさり、
北海道産ドッグフードだいちが
ついに完成しました。

ドッグフードだいちの販売を開始

2018年1月だいちの販売を開始しました。
飼い主さんはカリカリフードを食べさせないと
健康になれない。という頭があり、
当初、生食のドッグフードというのは
なかなか受け入れられませんでした。

しかし、市販のドッグフードを食べていると
当然体調不良やご飯を食べなくなる愛犬も
多く、北海道産の新鮮な原材料を使っている
ということも評判を呼び少しずつ
売れ始めていきました!

だいちを毎日モリモリ食べるトイプードルくぅくん

生肉は犬になぜいいのか?

人は基本的に鶏の生肉を食べられません。
しかし、祖先が肉食動物で今もほとんど
体内構造が変わっていない
犬にとって、生肉は最高の食事です。
”人が食べられないから犬もダメ”というのは
誤った考え方です。
それはドッグフードだいちの食いつきを見れば
一目瞭然、市販のカリカリのドッグフードを
食べないわんちゃんでも尻尾ぶんぶんです!
だいちに使う北海道勇払産桜姫鶏は
国内最高レベルの品質管理の元、
勇払ですくすく育ったにわとりです。
食事は健康に大きく関わりますので、積極的に
わんちゃんに新鮮な生肉を食べさせてあげてください。

無添加ドッグフードへのこだわり

だいちは新鮮な原材料を混ぜ合わせ
冷凍のパックにしておりますので、
もちろん無添加です
ドライフードや缶詰などにするには
ほとんど添加物使用は避けられません。
私のこだわりは
安心安全なものを犬に食べさせたい
という想いだったので、無添加にこだわり、
冷凍食品にすることで賞味期限も長く
飼い主様の負担も軽減することができました。

生タイプのドッグフード

ご飯を食べない多くの愛犬を救っています!

だいちを販売してから、
本当に食欲のない愛犬が多い
いうことがわかりました。
そして私の想像通り、
市販のドッグフードを食べて
体調の悪い犬も驚くほど多かったです。
もっと多くの人に知ってもらい、
たくさんの愛犬を救っていきたい
というのが私の願いです。
まだまだ販売を始めて1年、
ドッグフードだいちは本当にこれからです!
これからもドッグフードだいちで
多くのわんちゃんを救えるように
頑張っていきますので、
よろしくお願いいたします!
北海道産ドッグフードだいち代表
株式会社克フーズ 代表取締役
小林宏幸

無料ドッグフードセミナー

多くの飼い主様のご協力に感謝いたします。
ドッグフードだいちお客様の声ページ

だいちを詳しく知る

ドッグフードだいち商品ページです!

商品ページへ